【西武2軍】3月15日。先発の本田が4回自責点ゼロ!水口と金子一輝がともに2安打!高木渉は適時二塁打!

【西武2軍】3月15日。先発の本田が4回自責点ゼロ!水口と金子一輝がともに2安打!高木渉は適時二塁打!

 
 3月15日、春季教育リーグ(最終戦)。vs横浜DeNAベイスターズの模様をお届けします。

 

 日程&先発ローテーション!

 

3/2(金)→相内
3/3(土)→【試合無し】
3/4(日)→ウルフ&十亀
3/5(月)→【試合無し】
3/6(火)→南川・國場・本田
3/7(水)→【試合無し】
3/8(木)→『雨天中止』
3/9(金)→【試合無し】
3/10(土)→【試合無し】
3/11(日)→武隈・岡本
3/12(月)→【試合無し】
3/13(火)→カスティーヨ
3/14(水)→【試合無し】
3/15(木)→本田

 

 今日のスターティングメンバー  

 

 試合内容  

 ライオンズ先発の本田は初回、味方のエラーで先制点を許す。取り返したい野手陣は2回、単打を集めて2点を奪い逆転!しかし5回、2番手の國場が5失点。その裏に高木渉のタイムリーツーで1点を返すも3番手の南川、4番手の田村も1失点ずつで突き放され敗戦。

勝利投手:寺田?
敗戦投手:國場

公式スコアはコチラ→(■スコアシート■



 

 今日の選手成績!

 
先発は本田!
 今日は予定通り4回を投げて被安打1の1失点(自責0)!奪三振は4つ!去年同様に2軍での本田は素晴らしい投球をしてくれます!あとは1軍での経験です。それだけに今のオープン戦を1軍帯同出来なかったのはワタシ的にかなり残念です(´・ω・`)

2番手は國場!
 3回を投げて5失点ですが、失点は初回の1イニングのみ。しかもエラーがらみなので自責点はゼロです。打たせて取るピッチャーなので野手陣のエラーがあるとちょっと苦しくなってくる、というところでしょうか。ピンチでも最小失点で切り抜けてくれる安心感、信頼感が出てくるシーズンにして欲しい!

3番手は南川!
 前回は先発登板だった南川はソロホームランを打たれて1回を1失点。基本的にはストライク先行で攻められていましたが、ホームランを打たれた打者にだけにはボールが先行しフルカウントから狙い撃ちされたように思います。変化球でかわしていくタイプのピッチャーではないと思うので、ゾーンの中にどんどん投げ込んで成長していってくれるはず!

 

水口は2安打!

 今日はタイムリーとセンターへのヒットで2安打!これで春季教育リーグでは26打席で三振ゼロを記録!今年の水口も三振はバッチリ少ないです。もちろん左投手にも強くて打率は4割超え、右投手に対しては1割ちょっとしか打率がないのでその差は歴然という感じです。パワプロで再現してみたい。あと実は選んだ四球もゼロ、とにかくバットにボールを当てていました。

高木渉はタイムリーツーベースヒット!
 今日も栗山の代わりに途中出場の高木渉。少ない打席のチャンスを活かしてタイムリーツーベースヒット!春季教育リーグでは13打席に立ってファーストストライクを振ったのは2回だけ、この少なさは栗山と似ているところがあります。三振も1回だけ、どことなく栗山二世の雰囲気が・・・。前回生観戦で見てからスッカリ高木渉の虜になっているワタシです(笑)。さてさて春季教育リーグでは打率が3割中盤をマーク!イースタンリーグでアピールして支配下登録なってほしい!

金子一輝は2安打!
 ライトとセンターへヒットを打って2安打!今年の金子一輝は逆方向へのヒット!守備ではエラーが目立っていますが、そのエラーを引きづらずに打席で結果を出せているのは金子のメンタル的な成長に思います!

綱島は初安打をマーク!

 最終打席にライトへのヒットで春季教育リーグで初安打!これで気分良くイースタンリーグへ入っていけそうです。この初安打については日刊スポーツのネット記事にもなっていました(https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803150000651.html)。生観戦したときに「守備で魅せてくれるなぁ」と思いましたが、本人的にも守備に手応えがあるようです!本人の手応えがこっちにも伝わってきているということは首脳陣への良いアピールになっているはず!

 

 というわけで春季教育リーグが終了!今年からは自分でExcelに記録を打っていくことにしたので、6試合分だけですが気になる成績をアップしていきます。5試合以上の出場選手でのトップ3!

【打率】
1位:.375(坂田遼)
2位:.364(金子一輝)
2位:.364(戸川大輔)
2位:.364(高木渉)

 
【出塁率】
1位:.440(戸川大輔)
2位:.417(高木渉)
3位:.409(斉藤彰吾)

 
【ファーストストライクのスイング率】
1位:86.4%(愛斗)
2位:72.7%(藤澤亨明)
3位:64.3%(駒月仁人)

 
 数字としての成績も高木渉は上位(打席数はちょっと少ないけど)、愛斗のファーストストライクスイング率は高すぎ(22打席でファーストストライクの見逃しは3回だけ)。数ヶ月たったくらいでいろいろと面白いデータになってくれるはず!



 

2軍試合詳細カテゴリの最新記事