【西武1軍】9月8日「坂田が2号ソロホームラン!ガルセスと藤原はロングリリーフで明日に繋がる好投!」

【西武1軍】9月8日「坂田が2号ソロホームラン!ガルセスと藤原はロングリリーフで明日に繋がる好投!」

 今日からはファイターズとの三連戦!エースで良い勝ち方をしたのでそのままの流れで今日からも勝っていきたいところです!先発の野上は10勝目をかけての戦いとなります!



 

 選手登録関連

↑【登録】なし
↓【抹消】なし

◆抹消期間
 ・福倉健太郎(9月13日以後)
 ・武隈祥太(9月16日以後)
 ・岡本洋介(9月17日以後)

 

 GAME Talking

 1回(日0-0西)、立ち上がりの野上はストレートの威力も変化球のキレもあるように見えますが、ボールがやや高め。大谷の前にランナーを出したくないところでヒットを打たれてしまうと、大谷にストレートをガツンと2ランホームランにされてしまいました。映像で見ていて「これ、投げるとこある?」と思っちゃうくらいに大谷は雰囲気がありました。

 裏の攻撃。秋山がセカンド内野安打で出塁!しかし日ハム先発の高梨のストレートとカーブにうまくやられて、その後は三者連続三振。調子良さそうなので、そこをライオンズ打線がどう攻略していくのか?楽しみです!

 
 2回(日2-0西)、先頭バッターに右中間への大飛球を打たれてセンター秋山がフェンスを恐れずジャンピングキャッチを試みるも、衝撃でグラブの中からボールが飛び出してしまい結果的にスリーベースヒット。取れれば大ファインプレーでした(惜しい!)。ノーアウト3塁のピンチでしたが、スクイズを変化球でかわす場面などあり後続をビシっと抑えて無失点!最後は珍しく野上さんが吠えました!

 
 3回(日2-0西)、1番からの攻撃で大谷に回る打順。しかし野上が三者凡退!とくに大谷に対してはチェンジアップで2つ空振りを取ってから、最後はインコースへズバっとストレートを投げ込んで見逃し三振!野上が強気になってきているところで岡田もうまく配給しています。打者がどうこうじゃなく、投手を活かすための配球って感じです。

 
 4回(日2-0西)、この回は再び変化球が高めにいってしまう野上。レアードに「ヒットで良かった・・・」というツーベースヒットのあと、大田泰示にセンター前タイムリーを打たれてしまう。さらに太田賢吾にも変化球が浮いてしまいタイムリーツーベースヒット。不運なポテンヒットのあとは、ピッチャーゴロダブルプレーを狙って2塁へ送球も源田と重なってベースにうまく入れなかった浅村が落球してしまいオールセーフで失点。松本にも左中間へ打たれて追加で2失点。ここまで生命線だったチェンジアップのコントロールがつかなくなったことで一気に苦しくなってしまいました。
 ガルセスがマウンドに上がるも、なんかもう打席での雰囲気が異常な大谷にポール直撃の2ランホームラン(´・ω・`)魔のイニングで7失点。

 
 5回(日9-0西)、栗山がフォアボールを選ぶと代打の坂田がライト前ヒット!チャンスで金子侑司が得意の高めのストレートを逆方向へ打つも、レフトの正面でアウト。流れが良くないと良い打球も野手の真正面に飛んじゃうパターン(´・ω・`)

 
 6回(日9-0西)、ガルセスはロングリリーフ続投中!フォアボールを2つ出すも、その後はしっかり打ち取って無失点!こういう試合展開、明日以降のためにもロングリリーフがしっかりロングリリーフしていくというのも大事です!

 
 7回(日9-0西)、まだまだ投げるガルセス!球数は30球ですのでできるだけ長く投げて欲しいところです。先程ホームランを打たれた大谷を三振に打ち取るとガルセスは「うっひょー!やり返したぜ!」みたいにテンションアップ(笑)フライが上がると打球の行方を指差すタイプのガルセスですが、最後のキャッチャーフライはかなりの勢いで指を突き上げていました。良いロングリリーフです\(^o^)/

 
 8回(日9-0西)、藤原が登板!首脳陣としては2イニング投げてもらいたいところだと思うので、このイニングは次のイニングもまかせられるような投球をしたい!先頭バッターをヒットで出塁させるも、次の打者をアウトコースからのスライダーでショートゴロダブルプレー!しかしそこから連続フォアボール。そこでメガネを取って汗を拭っていたら、不運なことに返球されたボールがメガネに当ってレンズが吹き飛ぶ・・・。でもレンズは割れていない!これを吉兆にした藤原は、最後セカンドゴロに打ち取る!
 

 裏の攻撃。球数が120球を越えても続投の先発の高梨を相手に、坂田が低めの変化球を思いっきりすくい上げるとセンターへのソロホームラン!これには辻監督もベンチの選手も笑顔!さすがにやられっぱなしではいられません!続く金子侑司も左中間へのツーベースヒットで続くと、このチャンスで源田はレフトオーバーのタイムリーツーベース!最近の源田は逆方向への強い打球が出てきています!
 

 
 9回(日9-2西)、藤原は無事に2イニング目!大谷にデッドボールを与えるも、大谷も振りに行って当たっていたのでスライダーはかなりキレているように思います。8回はストレートがシュートのようになっていましたが、この回はストレートがちゃんとストレートしています!そして無失点!ガルセスと藤原、今日は2人ががんばってくれました!

 裏の攻撃。大量点差のときは「ここで奇跡の逆転したら一生モノだなぁ」と期待度を高めて観戦!しかし三者凡退でゲームセット。(日9-2西)で敗戦。先発の調子の良さで試合が決まるというのはある意味で健全!引きずるような負けではないですね!

 

 試合結果

勝利投手:高梨(5勝7敗0S)
敗戦投手:野上(9勝9敗0S)

[西武] 坂田2号(8回裏ソロ)

 



 

1軍試合詳細カテゴリの最新記事