【西武1軍】9月2日「1番起用に応える5試合連続安打、犠牲フライ!外崎は2安打で守備でもハッスル!」

【西武1軍】9月2日「1番起用に応える5試合連続安打、犠牲フライ!外崎は2安打で守備でもハッスル!」

 昨日は野上の好投で快勝のライオンズ!今日は京セラドームに舞台を移してのvsオリックスバファローズの2戦目!ここで勝ってカード勝ち越しを早々に決めたいところです!多和田と山岡の、スライダーおばけ対決にも注目!



 

 選手登録関連

↑【登録】なし
↓【抹消】なし

◆抹消期間
 ・ウルフ(9月2日以後)
 ・永江恭平(9月4日以後)
 ・誠(9月6日以後)
 ・田代将太郎(9月6日以後)
 ・本田圭佑(9月7日以後)

 

 GAME Talking

 1回(西0-0オ)、先発は多和田。立ち上がりの悪いときはスライダーが曲がりすぎてキャッチャーがダイビングキャッチするように捕球したりしますが、今日はストライクゾーンにしっかりコントロール。そして打者がそれをなかなか捉えきれない状況。不運な形で失点するも、多和田の調子自体は良いのでいけそう!

  
 2回(西0-1オ)、山川が貫禄のフォアボール、メヒアは強い打球でサード強襲のヒット!そして昨日から調子の良い栗山があっさりと同点タイムリー!山岡のストライクを完璧に弾き返せたのはダメージになりそうです。こうやってすぐに同点に追いつけるのがチーム状況の良さだと思います!

 裏の守備。初回に悔しい守備をしてしまった外崎が、またもや同じようなフラフラっと上がった打球をダイビングキャッチ!2アウトまできた多和田ですが、そこから連打を浴びて2失点。コツコツとミート重視されました。次の回は配球変えてくるかな?という印象です。

 
 3回(西1-3オ)、今日は1番でスタメンの呉がツーベースヒットで出塁!2番の源田は進塁打狙いの引っ張りでファーストゴロの間に三塁へ!これからのライオンズの2番は送りバントがうまい選手ではなく、引っ張れる選手が起用されていきそう。2軍もそういう視点で見ていく必要がありそう!ランナー3塁のチャンスで秋山は犠牲フライを狙いすぎて?ショートフライ。「むむむ・・・」な雰囲気、辻監督も橋上コーチで口元を隠しながらの会話。

 
 5回(西1-3オ)、多和田がピンチを迎える。「それ振ってないですか?だって、バントだったら振ってるレベルでバット回ってるじゃん!」がノースイングの判定でフォアボールなどを出して満塁のピンチ。ここで多和田は残念ながら降板で野田が登板!その野田はピンチでも動じずにショートゴロに切ってとって流れを完全には渡さない!

 
 6回(西1-3オ)、このイニングは平井が登板!いつも通り、淡々と投げ込んでいきましたが、最初のバッターを抑えたときに「失投だなぁ」と珍しくマウンド上でほぼ笑顔レベルの苦笑い。すると2アウトから伊藤にソロホームランを打たれてしまいました。今日は本人としてはしっくり来ていない日だったのでしょう。それでも1失点だけで抑えられるのが平井さん!

 
 7回(西1-4オ)、オリックスは黒木にスイッチ。私がメットライフドームで観戦した時、ライオンズが勝ったのですが黒木はブルペンから帰るときにファンに「ありがとう~!」と手をずっと振っていたらチームスタッフの人に「早くしろ!」とガチで怒られていたのですが、それでもずっと笑顔で、ルーキー離れしてるメンタルあるなぁと思ったのを覚えています。そんな黒木から今日ハッスルしまくりの外崎がツーベースヒット!代打の森は一二塁間へ打ってセカンド内野安打!呉は粘って最後はセンターへ良い当たりの犠牲フライ!結果以上に内容が良いですね!

 裏の守備は牧田-森のバッテリー。早いテンポで投げたいピッチャーなのでリードする側としては脳みそ高速回転しなきゃいけないと思います。そういうワタワタしがちなところですが、見事に盗塁を刺す!そこで調子が出てきたのか、最後のバッターにはカーブをストライクゾーンに投げ込ませて空振り三振!牧田さんは最初の数球でド真ん中に投げなければ大丈夫なので、ずっと森目線で見たイニングでした(笑)

 
 8回(西2-4オ)、オリックスは近藤に交代。昨日投げさせたセットアッパー、ちょっと力みがあるのかコントロールがアバウト、伏線を回収するチャンス!秋山は良い当たりのセンターフライ、浅村はフォアボール、そして昨日ホームランの山川は・・・チャンスボールをミスショットしてしまい最後は空振り三振!ぐぬぬ。メヒアも捉えきれず最後は空振り三振。テレビ映像で見ていても「次はどこに来るんだ!?」とまったく予想がつかなかったので、バッターとしてはもっと捉えにくかったと思います。

 裏の守備は増田が登板!これは「8回確実に抑えて9回で逆転だ!」というより、調整登板的な意味が強い?もしくは昨日のシュリッターの様子を見て入れ替え?いろいろなことが想像されますが、勝利の方程式の3人の起用に関しては絶対に意図がある起用を今年はしているのでなにかちゃんとした意味があるのでしょう。
 そんな増田は森とのバッテリーでも、後半戦のセオリー配球こと「ストレート主体」で2アウトを取る!中島には配球を変えて初球のスライダーをヒットにされるも、次の安達に対してはストレートで攻めて、最後はスライダーで空振り三振!森がキャッチャーでもこの配球をするということは、チームとして増田の配球を考えてこうなっているってことですね。

 
 9回(西2-4オ)、オリックスは守護神の平野を投入。ファーストのT岡田の好守2連発で2アウト。森の打席では落差の大きい、地面にワンバウンドするようなボールを主審が「ストラ・・・」と言いそうになるも、「違う違う、ボールだ・・・」と体をギュッと縮めて、乙女のような格好でキャンセルするシーンも(笑)最後は、その残像が森に残ってしまったのか低めのストレートを、これまたファーストに転がしてしまいゲームセット。(西2-4オ)で敗戦。

 ちゃんと戦って負けた時は「明日は勝つぞ!」な気分になります。最近そういう負け方がなかったので今日はポジティブに思える負けでした!

 

 試合結果

勝利投手:山岡 (7勝8敗0S)
敗戦投手:多和田(5勝4敗0S)

【西武バッテリー多和田、野田、平井、牧田、増田 – 岡田、森
【オリックスバッテリー】山岡、黒木、近藤、平野 – 伊藤

 



 

1軍試合詳細カテゴリの最新記事