【西武1軍】9月1日「野上が7回2失点で勝利!打線は5者連続タイムリー!山川の2ランホームランで援護!」

【西武1軍】9月1日「野上が7回2失点で勝利!打線は5者連続タイムリー!山川の2ランホームランで援護!」

 9月1日。今日のライオンズはオリックスバファローズと、ほっともっとフィールド神戸での一戦!昨日はエース菊池雄星、意地の完投でチームも乗っていけそうな雰囲気!秋山のバッティングも戻ってきています。まだ今季負け越しているオリックス相手にカード勝ち越し、あわよくば3連勝を狙いたいところです!



 

 選手登録関連

↑【登録】なし
↓【抹消】なし

◆抹消期間
 ・ウルフ(9月2日以後)
 ・永江恭平(9月4日以後)
 ・誠(9月6日以後)
 ・田代将太郎(9月6日以後)
 ・本田圭佑(9月7日以後)

 

 GAME Talking

 今日から【西武1軍】は書き方を変えました。堅苦しく書かないで、観戦しているときに思ったことをそのまま書いていきます。緩く、まったりな感じですね。

 

 1回(西0-0オ)、先発の野上は簡単に追い込んでは、そこから落ちる変化球を振らせていくピッチング!ストレートの強さ、変化球のコントロールの良さがあってこその投球!それと、今日の主審は左右のコースが狭い?

 
 2回(西0-0オ)、栗山と呉の連続ヒットでチャンスを作る!ここで打席の外崎は送りバントのサインもバントできず最後は空振り三振。ここで何度もテレビ画面に映る辻監督。今年って、こういう選手がなんかしたら監督の顔映す演出多すぎると思います。それでも、ここで辻監督はなぜかゲラゲラ笑顔(笑)「辻監督、勝利の笑顔」が出たことで早くも今日の勝利を確信\(^o^)/その後、ディクソンのナックルカーブにやられて得点は入らず。

 裏の守備、タイムリーヒットを打たれて先制を許すも、守備のところでうまくいかないところがあっただけなので野上の投球に関しての心配は無用!

 
 3回(西0-1オ)、森がヒットで出塁すると浅村はデッドボール。肘に当てて痛がっていましたが大丈夫のようで一安心(*´ω`*)すると、ここでライオンズ打線が「キャプテンになにしてんじゃー!」とスイッチオン!山川、栗山の連続タイムリーヒットであっさり逆転!外野が前進守備を敷いてこれない中、2人は軽々と打ったという印象です。

 さらにフォアボールを選ばない呉もライト前ヒットでタイムリー!2軍での打撃をそのまま1軍でも出していますね、しっかり振り切れています!まだまだ止まらないライオンズ打線は外崎もタイムリーで4点目!さらにさらに岡田もセンター前へタイムリーで5点目!

 ここでディクソンからサウスポーの大山へ交代。連戦の初戦で先発を早めに引きづり降ろせたのは今後が有利になります!デッドボールの影響?で今日は9番に下がっている源田はセンターフライになるも良い当たり!

 
 4回(西5-1オ)、この回の野上は変化球の曲がりがちょっと早くなったように見えました。すると連続ヒットを打たれノーアウト21塁のピンチ!ここでバッターの小島はバントの構えをするも2球連続失敗、テレビ映像では「小島の足、ボックスからはみ出てない?」とバッターボックス頭上からのアングルに。その小島はショートに転がして1アウト31塁に状況は変化。ここで怖いT岡田には犠牲フライを打たれるも1点ならばはOKです。その後の中島をしっかり打ち取って最小失点!変化球の修正は出来たようです。

 
 5回(西5-2オ)、先頭の栗山がピッチャーの足元を抜けていくヒットで出塁!バッティングの感じが似ている栗山から呉の並びは粋に感じます。しかし呉はピッチャーゴロでダブルプレー、ダブルプレーの感じも栗山に似ている気が・・・!

 
 6回(西5-2オ)、この回はカーブを続けたりと変化球中心の組み立てに変化した野上・岡田のバッテリー!するとそれがハマって三者凡退!最後のロメロに対して変化球をずっと投げ続けてから最後ストレートで見逃し三振を奪ったのは見事!ここまで86球、まだまだいけそうです!

 
 7回(西5-2オ)、野上・岡田のバッテリー、今度は一転してストレート攻め!ちょっとストレートの球威が落ちてきた感もありましたが、配球の段階で勝っていたので三者凡退!6回、7回の投球はバッテリーの作戦勝ち!

 
 8回(西5-2オ)、野上さんは降板して8回はシュリッター!マウンドの状況さえしっかりしていれば基本的には打たれない男。ポテンヒットのような打球で2安打されても、そこはシュリッター!無失点で切り抜けました。

 
 9回(西5-2オ)、オリックスはピッチャーを近藤にチェンジ!近藤まで出させたのは地味に明日以降に効いてきそうな気がします。さらに浅村が2アウトからヒットで出塁すると、山川は甘く入ってきたストレートを見逃さずに会心の当たりはレフトスタンドへホームラン!近藤は高めに外す予定でしたがド真ん中にボールがきました。3点差でずっときていた展開、この2点で「決まった・・・」という雰囲気!

 裏の守備は、増田ではなく野田が登板。2アウトからの追加点だったのでそのまま増田がくると思いましたが、野田も準備していたんですね!守護神はなるべく休ませたいところ、良いブルペンとの連携です!その野田はしっかり無失点で締めてゲームセット!(西7-2オ)でライオンズ勝利!

 

 

 試合結果

勝利投手:野上 (9勝8敗0S)
敗戦投手:ディクソン (8勝9敗0S)

【西武バッテリー】野上、シュリッター、野田 – 岡田
【オリックスバッテリー】ディクソン、大山、金田、小林、近藤 – 若月、伊藤

 



 

1軍試合詳細カテゴリの最新記事