【試合詳細】3月9日 西武VS広島カープ「コントロールに苦しんだ十亀・本田圭佑」

【試合詳細】3月9日 西武VS広島カープ「コントロールに苦しんだ十亀・本田圭佑」

 

今回の試合は!?

 
3月9日に行われたオープン戦の埼玉西武ライオンズVS広島東洋カープの試合の様子を超ポジティブにお送りします!
選手名は(敬称略)です。




 

西武ライオンズ:スタメン

 
 
 1(中)金子侑
 2(三)熊代
 3(二)浅村
 4(一)山川
 5(右)木村文
 6(左)田代
 7(指)渡辺直
 8(捕)中田
 9(遊)源田

 投手:十亀剣

 

1回表(攻撃)【L 0-0 C】

カープの先発は床田。

金子侑:センターへ抜けそうな当たりをセカンドの西川が滑りこんでキャッチし、ヒザをついたまま送球でセカンドゴロ。一塁はギリギリアウト。
熊代:ストレートにタイミングが合わずサードファールフライ。
浅村:フルカウントからのストレートをこするようなバッティングでレフトフライ。

 
1回裏(守備)【L 0-0 C】

ライオンズの先発は十亀。前回登板は二軍戦でイマイチな結果でした、一軍相手ではどうでしょうか。土肥コーチとしては十亀はそろそろラストチャンスが近づきつつあるとのこと。

安部:十亀のコントロールは引っ掛けるようなボールが多く、フルカウントから完全な逆玉でフォアボール
西川:ランナー1塁。ストレートが真ん中に入って一二塁間を抜けていくライト前ヒット
:ランナー13塁。三遊間への強いゴロをショート源田がバックハンドでキャッチ!反転ジャンピングスローで二塁へ送球し6-4-3のダブルプレー!源田の守備はさすが!その間に三塁ランナーホームイン【L 0-1 C】
松山:低めへの見送ればボールの球をうまく打たれてセンター前ヒット
新井:低めのストレートを打たせて平凡なショートゴロ。

十亀のナチュラルにシュートするストレートがことごとく真ん中に入ってしまいジャストミートされてしまう。これは悪いときの十亀のパターンです。




 
2回表【L 0-1 C】

山川:アウトコースのストレートをバッドの先で打って平凡なショートゴロ・・・と思いきやショートが弾いてショートエラーで出塁。
木村文:ランナー1塁。床田はランナーを気にしてコントロールを乱しノースリー。そこからストライクを取りに来たど真ん中のストレートを打ってセンターオーバーのツーベースヒット
田代:ランナー23塁。センターにやや大きなフライ。タッチアップするには余裕【L 1-1 C】。2塁ランナーの木村も三塁へタッチアップ!
渡辺直:ランナー3塁。フルカウントからインコースへの変化球に空振り三振。
中田:ランナー3塁。高めのストレート打つも平凡なライトフライ。

 
2回裏【L 1-1 C】

エルドレッド:フルカウントからアウトコースへの変化球にうまく合わせられるも、レフトライナー。
ペーニャ:基本的に中田の構えたところには投げれていない十亀。カーブを打たせて打球の勢いが死んでいるセカンドゴロ。浅村が前にダッシュしてきてランニングスローで華麗な処理!
堂林:真ん中に入ってきた変化球を打ってセンターフライ。

コントロールはかなりアバウトだがそれでも三者凡退!

 
3回表【L 1-1 C】

源田:フルカウントから流し打ちをするもサードライナー。
金子侑:変化球をバッドの先で打ってショートゴロ。
熊代:インコースへのストレートに詰まってセカンドゴロ。

ランナーを背負っていないときの床田は安定したピッチング。ライオンズ打線は基本的にファーストストライクから積極的に打っています。

 
3回裏【L 1-1 C】

十亀の3イニング目。

石原:アウトコース低めへのストレートで強い打球のセカンドゴロ。
安部このイニングは変化球主体でストライクをとっている十亀。最後も変化球でタイミングを外してキャッチャーフライ。
西川:アウトコースへのストレートを引っ掛けさせてセカンドゴロ。

変化球主体のピッチングでフォームが安定してきた模様。ストレートが中に入ってくることもなく完璧に抑えた三者凡退!

 
4回表【L 1-1 C】

浅村:初球打ち!完璧な当たりでレフトが一歩も動かないレフトへのソロホームラン【L 2-1 C】
山川:インコースを引っ張るも、詰まっていたようで平凡なレフトフライ。
木村文:初球打ちも地をはうようなショートへのゴロ。
田代:インコースへのストレートを腕をたたむようにしてライト前ヒット
渡辺直:ランナー1塁。ランナーが出るとコントロールがつかなくなる床田。最後はインコースへの変化球が外れてフォアボール
中田:ど真ん中へのストレートにバッドが出ずに見逃しでの三球三振。

 
4回裏【L 2-1 C】

ピッチャー交代:十亀→本田圭佑

:本田圭佑はストレートが上へ下へ極端なコントロールでフォアボール
松山:ランナー1塁。浮いてしまったチェンジアップを叩かれてライト前ヒット
新井:ランナー12塁。ここもボール先行になってしまう本田。最後はサードゴロ、熊代がベースを踏んで5-4-3でトリプルプレーになりそうだったが一塁はギリギリセーフでダブルプレー。
エルドレッド:ランナー1塁。大きく上がったセンターフライ。

高低のコントロールがつかなかった本田。マウンドに合っていない?それでもなんだかんだで無失点に抑えるのはさすが!

 
5回表【L 2-1 C】

ピッチャー交代:床田→九里

源田:低めのストレートをすくい上げてライトフライ。
金子侑:フルカウントから変化球をカットしようとするも当たらず空振り三振。
熊代:追い込まれてから変化球に当てるだけでショートゴロ。

 
5回裏【L 2-1 C】

本田2イニング目。コントロールの修正できるか?

ペーニャ:見送ればボールの高めのストレートを豪快に打たれてライトフェンス直撃のツーベースヒット
堂林:ランナー2塁。ワンバウンドの変化球を振らせて空振り三振!
石原:変化球を打ってウォーニングゾーンまで飛ぶ大きなセンターフライ。金子侑は俊足を飛ばして落下地点で待ってからキャッチするも2塁ランナーは3塁まで進む。
安部:ランナー3塁。変化球に詰まりながらもレフト前ヒット【L 2-2 C】
西川:ランナー1塁。ど真ん中に入ったチェンジアップを打たれて右中間への大きな当たりはフェンス直撃のタイムリーツーベースヒット【L 2-3 C】
:ボールが低すぎてストレートのフォアボール
松山:セカンドゴロ、浅村が滑り込みながらキャッチ!

コントロールを修正するところを見せたかった本田だったが、修正できず・・・




 
6回表【L 2-3 C】

浅村:変化球を引っ張るもサードゴロ。
山川:オープン戦に入ってからバッティングがイマイチの山川。インコースに完全に詰まらされてサードゴロ。
木村文:変化球に空振り三振。

好調の九里の前に打線沈黙!

 
6回裏【L 2-3 C】

ピッチャー交代:本田→キャンデラリオ

メヒア:サード強襲のゴロを熊代が難なくさばく!
船越:ちょこんと合わせたようなバッティングでセンター前ヒット
小窪:ランナー1塁。真ん中に入ってきたボールを打って左中間へのタイムリーツーベースヒット【L 2-4 C】
堂林:ランナー2塁。ボテボテのショートゴロ。
會澤:ランナー2塁。高めストレートを叩きつけるように打って、完全に打球の死んだピッチャーゴロ。

真ん中に入った甘い球を痛打されたキャンデラリオ。今日は全体的にボールが高め。

 
7回表【L 2-4 C】

九里は3イニング目。

田代:際どいボールを見逃したらストライクとコールされて動揺したのかバッドを落とす田代。最後はフォアボール
栗山:ランナー1塁。クリとクリのクリクリ対決。地面に叩きつけたピッチャーゴロで結果的には進塁打
上本:ランナー2塁。完全に詰まったセカンドゴロ、ランナーは3塁へ。
源田:ランナー3塁。アウトコースの変化球をカットできずに空振り三振。

 
7回裏【L 2-4 C】

ピッチャー交代:キャンデラリオ→小石

安部:風でボールが流されるも、田代がなんとか追いついてレフトフライ。
西川:インコースを高々と打ち上げてライトフライ。
下水流:ロジン不要の小石は早いテンポで投球。結果的にライトフライ(テレビ画面はベンチ前で投球練習をする九里をずっと映していたため、このシーンを見ることが出来ず・・・




 
8回表【L 2-4 C】

九里がまさかの4イニング目。まさかの続投だったので、そりゃ打席の映像よりもベンチ前で投球練習する九里を映しますよね(´・ω・`)

金子侑:ピッチャーゴロ。
熊代:インコースへの変化球に手が出ず見逃し三振。
永江:高めのボールを叩きつけてファーストゴロ。

 
8回裏【L 2-4 C】

ピッチャー交代:小石→武隈

土生:チェンジアップを見せた後にアウトコースへの武隈らしいストレートで見逃し三振!
メヒア:ストレートで攻めたあと、最後はチェンジアップでタイミングを外して空振り三振!
船越:右中間へのフライをライトの木村がギリギリでランニングキャッチするナイスプレー!

安心の武隈。今年もストレートとチェンジアップが効果的です!

 
9回表【L 2-4 C】

ピッチャー交代:九里亜蓮→薮田

山川:高めの変化球にタイミングが合わずショートゴロ。
木村文:変化球を打ってピッチャーの横を抜けるセンター前ヒット
田代:ランナー1塁。田代は叩きつけて一二塁間を抜けるヒット
栗山:ランナー12塁。栗山はストレートを引っ掛けて4-6-3のダブルプレー。

 

【L 2-4 C】試合終了!ライオンズ敗戦




 

投手感想

十亀は背水の陣での投球。コントロールがかなりアバウトで1失点という内容ですが不安が残ります。
本田圭佑は変化球は低めに、ストレートは高めに抜けるようなピッチング内容。前回見せた完璧なピッチングとはなりませんでした。
小石、武隈はナイスピッチング!開幕まで順調に調整していってほしいです。

 

打者感想

打線は好調の九里亜蓮を打てず。好投手を打ってほしかったです。
山川は明らかにバッティングが崩れているので不安です。どの打席でも完璧に崩された打ち方をしています。
守備ではナイスプレーのオンパレードでした!!

 

おまけ

MLB公式に写真が掲載されて喜ぶ牧やん。

MLBとwbcbaseballのinstagramに載ってたぁ〜♪ #WBC2017#侍japan @mlb @wbcbaseball

牧田和久 Kazuhisa Makita#35さん(@makita_35)がシェアした投稿 –

1軍試合詳細カテゴリの最新記事