【試合詳細】(3月8日)西武VS広島「調子はどうなの菊池雄星!?」

【試合詳細】(3月8日)西武VS広島「調子はどうなの菊池雄星!?」

 

今回の試合は!?

 
3月8日に行われたオープン戦の埼玉西武ライオンズVS広島東洋カープの試合の様子を超ポジティブにお送りします!
選手名は(敬称略)です。




 

西武ライオンズ:スタメン

 
 
 1(中)金子侑
 2(左)田代
 3(二)浅村
 4(一)山川
 5(右)木村文
 6(指)栗山
 7(三)渡辺直
 8(捕)岡田
 9(遊)源田

 投手:菊池雄星

 

1回表(攻撃)【L 0-0 C】

カープの先発は昨年最多勝の野村祐輔。

金子侑:初級から積極的に振っていく。最後は高めのボールを打つと打球が投手・野村の足に当たり内野安打野村は足の様子を確かめつつ投球練習を行う
田代:ランナー1塁。田代はバントの構え。初級はバントがファール、二球目もバントがファール。送りバントできず・・・。三球目、ワンバンする変化球をキャッチャーが前にこぼすと、すかさず金子が二塁へ進む!最後は田代が低めのボールに空振り三振。
浅村:ランナー2塁。強烈なサードゴロを三塁手の新外国人ペーニャが弾く強襲ヒット、ショート後方にボールが転がっていいきショートがすぐにボールを拾い上げるも金子侑が俊足を飛ばして一気にホームイン!【L 1-0 C】ホームへの弱い送球を見て浅村も二塁へ到達。
山川:ランナー2塁。外のボールを片手打ちのように合わせるだけでセカンドゴロ、進塁打になる。
木村文:ランナー3塁。中に入ってきたボールを引っ張って、ショートの頭の上を超えるタイムリーヒット【L 2-0 C】
栗山:ランナー1塁。木村が盗塁成功!タッチしたグラブが木村のヘルメットに当たり、木村のヘルメットが宙を舞う。栗山は低めへ沈む変化球に空振り三振。

 
1回裏(守備)【L 2-0 C】

先発投手は菊池雄星。広島はかなり寒そうなのに今日も元気に半袖!

西川:完璧に詰まらせてショートゴロ。源田が軽やかにさばく。
堂林:菊池と堂林、同世代対決!堂林はスイングすることなくストレートのフォアボール
:ランナー1塁、岡田の送球がややそれたためタッチが遅れ堂林が盗塁成功。最後は丸がうまく左中間へ打ってタイムリーツーベースヒット【L 2-1 C】
新井:ランナー2塁。インコースへのストレートを詰まりながらもレフト前ヒット
松山:ランナー13塁。完全に詰まらせたショートゴロで6-4-3のダブルプレー!

菊池はストレートの球速表示が140キロ前後。なにかテーマを持って投げているような緩やかなスタートでした。




 
2回表【L 2-1 C】

渡辺直:簡単に打ち上げてセンターフライ。
岡田:外への変化球をバットを投げ出すようにして打つも、力のないファーストゴロ。
源田:変化球を打つも平凡なセカンドゴロ。

 
2回裏【L 2-1 C】

菊池雄星は2イニング目。何か変えてくるでしょうか?

エルドレッド初級から149キロ!このイニングは明らかにフォームの躍動感が違う菊池!しかし強引に投げていたようでコントロールを乱し、最終的にはフルカウントから変化球が外れてフォアボール
ペーニャ:ランナー1塁。低めへのストレートを逆方向にうまく打たれてライト前ヒット変化球を完全に見極められているのでストレートを狙い撃ちされている菊池。
小窪:ランナー12塁。軽打でライト前ヒット菊池のストレートが135キロ表示だったりと、なんかおかしい。純粋なストレートではない?
會澤:ランナー満塁。変化球を初級打ちでセカンドフライ。
西川:ライナーぎみのセンターフライ、タッチアップできず!
堂林:ランナー満塁で堂林VS菊池雄星!カーブをうまく打たせてショートゴロ!満塁のピンチを防ぐ。

腕の振りが安定していないのか変化球を見極められ、まだ調子が良くないストレートを打たれるという展開。しかし徐々にフォームが安定してきた満塁のピンチでは見事に抑える!

 
3回表【L 2-1 C】

金子侑:外へのチェンジアップにタイミングが合わず空振り三振。
田代:大きな変化球を合わせるように打つも平凡なセカンドゴロ。
浅村:外へのチェンジアップをうまく合わせて打つもセンターフライ。

野村の安定した投球に手も足も出ず状態。このレベルの投手を打ち崩して欲しいところ!

 
3回裏【L 2-1 C】

前のイニングでピンチになってから良い投球をした菊池。このイニングを抑えられたら安心なのですが・・・!

:変化球を見極められてスリーボールまでいくも、最後はストレートで討ち取ってセカンドゴロ。
新井:ワンバンするフォークを振らせて空振り三振!まだ変化球のコントロールは不安定です。
松山:高めのストレートを左中間へ飛ばされるも、金子が俊足を飛ばして余裕を持ったランニングキャッチ!

予想通り調子を上げて三者凡退のイニングでした。ストレートで押せるようになったものの、まだ変化球のコントロールは良くなく、変化球自体を見極められることも多い。変化球の調子が悪い状態でも抑えられるのは好材料!

 
4回表【L 2-1 C】

山川:変化球を引っ掛けて平凡なサードゴロ。山川も打った瞬間に「引っ掛けた!やばい!」というようなリアクション。
木村文:変化球にタイミングを外されるも、片手打ちで引っ張ってサードの横を抜けるレフト前ヒット
栗山:ランナー1塁。変化球を鮮やかに引っ張って一二塁間を抜けるライト前ヒット
渡辺直:ランナー12塁。インコースを打つもショートゴロで6-4-3のダブルプレー。

 
4回裏【L 2-1 C】

ピッチャー交代:菊池雄星→多和田

エルドレッド多和田のストレートが131キロ、スライダーが130キロ表示。これ、マツダスタジアムの球速表示がおかしい説!最後は128キロのストレート(笑)で空振り三振。
ペーニャ:いい感じで打球が飛び球場が一瞬ざわめくも、多和田のストレートに勢いがあって平凡なセンターフライ。
小窪:低めのストレートで見逃し三振!

多和田は安定のピッチング!現在の調子の良さなら菊池よりも上ですね。

 
5回表【L 2-1 C】

ピッチャー交代:野村→ブレイシア

岡田:新外国人ブレイシアのストレートに空振り三振。
源田:バットを振り抜くもボールは足元をコロコロと転がり結果的にはセーフティバントのようなキャッチャーへのヒットになる
金子侑:ランナー1塁。源田はブレイシアの牽制球に逆をつかれてアウト。やはり源田は牽制に対してまだ仮題がありますね。最終的にはフォアボール
田代:ランナー1塁。金子が盗塁成功!ブレイシアが投げる前からスタートを切る完璧な盗塁(笑)。その直後、短く持ったバッドで上から叩きつけるようなスイングで田代がライトポール直撃の2ランホームラン【L 4-1 C】
浅村:ブレイシアはコントロールが乱れてフォアボール
山川:ランナー1塁。山川はインローのボールを打つも完全に詰まってショートゴロ。

源田にとって現在唯一の課題とも思える牽制でのアウトがありました。ここは実践で感覚を掴んで欲しいところ!田代はホームランでアピール!!

 
5回裏【L 4-1 C】

多和田の2イニング目。

會澤:変化球を打たせてセカンドゴロ。浅村がダッシュしてきてランニングスローでアウト!
西川:初級打ちでサードフライ。岡田が「サード!」と大きな声をだすも、そこから風に流されてキャッチャー前のサードフライという結果に。
堂林:アウトコースの変化球を打たせてサードゴロ。

安定の多和田。危なげなく3分くらいで三者凡退。




 
6回表【L 4-1 C】

ピッチャー交代:ブレイシア→ジャクソン

木村文:スライダーにタイミングをずらされて、最後は真ん中のストレートに空振り三振。
栗山:フルカウントからインコースをついたストレートを打つも、完全に詰まったショートハーフライナー。
渡辺直:高めのストレート打つも、ジャクソンの勢いに押されて平凡なセカンドゴロ。

ジャクソンの絶妙な投球の間、コントロール、ストレートの球威に押されて三者凡退。

 
6回裏【L 4-1 C】

多和田3イニング目。

:ストレートを打たせてセカンドゴロ。
新井:アウトコースへのスライダーにうまく合わせられてセンター前に落ちるヒット
松山:ランナー1塁。いい打球をセンターを飛ばされるも、センター金子へのセンターライナー。
下水流:ランナー1塁。ランナー盗塁、キャッチャー岡田からの送球がワンバウンドになり浅村取れず、センターへボールが行く間にランナーは3塁まで進む。最後はスライダーを打ち上げてセカンドフライ。

多和田は3イニング目、ランナーを出すも落ち着いた投球で無失点!!

 
7回表【L 4-1 C】

ピッチャー交代:ジャクソン→今村

岡田:インコースへ抜けたストレートが岡田のユニフォームをかすってデッドボール
源田:ランナー1塁、送りバントの構え。初球をピッチャー前に転がして送りバント成功
金子侑:ランナー2塁。アウトコース高めに抜けたようなストレートに手が出てしまい空振り三振。今村も苦笑い。あそこに手が出ちゃうのが金子らしさでもある!
田代:落ちる変化球に合わせるだけのバッティングでファーストゴロ。

 
7回裏【L 4-1 C】

ピッチャー交代:多和田→ガルセス
急にクイックで投げるでおなじみのガルセスがマウンドに上がる。

メヒア:大きなスライダーを見極められたり、ストレートをファールにされたりでフルカウント。12球目を打ってライトフライ。
小窪:ガルセスのストレートは146キロを計測。ここもフルカウントまでいき、最終的にはフォアボール
會澤:ランナー1塁。中に入ってきたストレートを打ち上げてセンターフライ。
西川:左バッターのアウトコースへの大きなスライダーを振らせて空振り三振!

ガルセスは球数が多くなったイニングでしたが無失点。適正は先発?中継ぎ?どちらなのでしょうか、判断が難しい投手です(笑)




 
8回表【L 4-1 C】

ピッチャー交代:今村→オスカル

浅村:三遊間へのゴロをショートが回り込んで追いつくも、一塁への送球がそれて、結果的には内野安打
山川:ランナー1塁(代走・水口)。今日はタイミングが取れていない山川。この打席もタイミングがずれたような大きなスイングでキャッチャーフライ。
木村文:ランエンドヒットで2塁ベースカバーに入ろうとしたショートの横を抜けていくレフト前ヒット!水口は3塁まで到達。
栗山:ランナー13塁(1塁の代走に斎藤)。高いバウンドのセカンドゴロも、その間に水口がホームイン【L 5-1 C】
永江:ランナー2塁。真ん中に入ってきたボールを打ってライトオーバーのタイムリーツーベースヒット【L 6-1 C】やはり今年の永江は飛距離が違う(何度でも言います(笑))
上本:ランナー2塁。ワイルドピッチの間に永江は3塁まで進む。上本はファーストゴロ、ファーストが少し弾くも上本の足ではアウト。

長打力を見せた永江!今年の永江は・・・飛距離が・・・違う!!

 
8回裏【L 6-1 C】

ピッチャー交代:ガルセス→田村

堂林:今日も低めへコントロール良く投げる田村!アウトローのストレートで空振り三振!
土生:高めのストレートで押し切ってセンターフライ。
安部:ライトフェンス直撃のツーベースヒット!ライト斎藤はレギュラーシーズンだったら突っ込んだかもしれないですが、今日は慎重な守備でした。
松山:低めのストレートを打たせてセンターフライ!

今日も安定感のある投球を見せた田村!先発できないのかなぁ~??という期待をしたくなる安定感!

 
9回表【L 6-1 C】

ピッチャー交代:オスカル→中田
バックネット裏にいたカープファンの男性。今までは登板している投手のユニフォームを掲げていたが、今年から背番号が変わった中田廉のユニフォームは持っていない?のかユニフォームを持たずに観戦。

源田:外への変化球に空振り三振。
金子侑:ストレートを流し打ちするも、詰まってショートゴロ。
田代:ファースト強襲の当たり、ファーストが取れずに記録はエラー
水口:ランナー1塁。詰まってショートゴロ。

 
9回裏【L 6-1 C】

ピッチャー交代:田村→野田
最終回は「WBCオーストラリア代表にお友達いるよ~」でおなじみの野田。打順的には右バッターだらけとの対戦です。

下水流:二遊間をゴロで抜けるセンター前ヒット
メヒア:ランナー1塁。ストレートを詰まらせてライトフライ。
小窪:フルカウントから右バッターのインローへのストレートで見逃し三振!小窪はキャッチャーが捕る前から見逃し三振を確信していたようにすぐベンチへ帰る。
船越:右バッター、ストレートを詰まらせてキャッチャーフライ!

 

【L 6-1 C】試合終了!ライオンズ勝利!!

 




投手感想

菊池雄星の今日の調子はどうだったのでしょう?個人的には変化球がイマイチで、そこをどうにかストレートで補っていたように見えました。
それでもある程度抑えられるのは良かったと思います!
多和田は安定、田村も安定!とくに田村は開幕1軍の可能性がドンドン上がっていますね!
右バッター相手に好投を見せた野田も着々と開幕1軍へ地盤を固めています。

 

打者感想

野村を打ちあぐねていた感の強い試合でしたが、なんだかんだで6得点!
豪快な野球ではなく、着々と加点していくのは今年のライオンズらしい攻撃だと思います。
田代と永江は長打力も見せました!
とくに永江には個人的にかなり期待しているので、オープン戦はとにかく強い打球を打って欲しい!

 

1軍試合詳細カテゴリの最新記事