【週刊!?西武2軍成績】(第9回)「永江が打撃でアピール中!坂田はまだまだ打撃好調!豊田は圧倒的なピッチングで昇格を目指す!」

【週刊!?西武2軍成績】(第9回)「永江が打撃でアピール中!坂田はまだまだ打撃好調!豊田は圧倒的なピッチングで昇格を目指す!」

西武ライオンズの2軍成績を定期的に紹介していくコーナーです。

前回の更新で紹介した選手からは山川が念願の1軍昇格!2軍でやってきた経験を活かして見事に結果を出していますね!

今回は6月30日~7月11日までの「10試合」をデータ化して振り返っていきます。

 

ライオンズ打撃陣

 この期間でのチーム打率は【.249】、出塁したランナーのホーム生還率は【41%】をマーク!大量得点の試合が2試合あり、そこで得点数を稼ぎました。夏の暑さにも負けない気分爽快な打撃が見られました!
 
 

 最近は4番で出場!打撃でアピール中の永江!

 山川が1軍昇格後は4番での出場が増えている永江。このブログではオープン戦から「今年の永江は長打力が違う!」と書いてきましたが、その打撃を現在は2軍で首脳陣にアピール中です!この期間は30打席に立って9安打、打率は【.346】!出塁率は【.433】を記録!ホームランは出ませんでしたが長打が2本出ているのが今年の永江らしさ!
 打撃が上向き、4番にも抜擢されるようになってくると送りバントのサインも出なくなりました。永江の打撃を変化、向上させるために育成方法も変わってきている雰囲気を感じます
 永江といえば守備!ですが気になるところがあります。。2軍へきてからの永江は持ち前の守備を魅せるシーンも多いですが、ショートバウンドを後ろに逸らすシーンもよく見られます。なぜかショートバウンドだけ逸してしまうんです。高いバウンドにダッシュしてきたとき、盗塁を刺すために捕手から送球されたボールがショートバウンドのとき・・・あらゆるショートバウンドに永江らしくない捕球ミスが増えています。源田に勝つため、守備力をレベルアップさせるために打球への入り方を変えているようにも見えますが・・・どうなるでしょうか!?

 

 坂田は固有モーションで打ちまくり!

 坂田らしい左中間方向への打球が増えてきてからは好調な打撃がさらにスケールアップして絶好調に!この期間での打率は【.458】、OPSは【1.250】とずば抜けた打撃成績を残しました!他の野手陣が苦労する投手から一人だけ打ちまくったりと「これが坂田じゃ!」と猛烈なアピールが続いています!そして待望のホームランも打ってくれました
 やはりまだ足の調子が思わしくなく、守備にはつかず途中交代する試合が続いています。どんなに素晴らしい選手でもケガに苦労すると・・・というのを痛感します。早く1軍の試合で見たい選手です。このケガを乗り越えて左中間へ痛烈な打球を飛ばして欲しい!

 

 打撃が安定してきた鈴木将平!

 この期間の打率は【.258】とちょっと物足りない感じはしますが、出塁率は【.361】をマーク!プロの球に慣れてきたのか狙って三遊間へ転がしたり、外野への深い打球が出てきています!ファールを打って「あー!ミスショット!」のような表情をするシーンも増えてきて、まったく自分のバッティングが出来ていなかった4月あたりから比べると確実に成長しているのを感じます。打撃不調だったときによくあった ”高いバウンドでのショートゴロ” をほとんど見なくなりました!
 とくに左投手から打てるようになってきたのが大きいです!ずっと鈴木を見ていると、1度目の対戦ではキリキリ舞いでも2度目はしっかり対応できているようになっている凄さが見られます。このまま試合に出場し、左投手とも多くの対戦経験を積んでいけば「左が苦手」な数字は残らなくなると思います。
 後半戦もケガなく、良い意味で夏の疲れを経験して将来に活かして欲しいです!

 

 復活の打席に立った戸川!

 この期間から打席にも立つようになった戸川は7打数2安打で打率は【.286】!まだ実践感覚が足りないので8打席中4つの三振がありましたが、当たれば強い打球でヒットにできるところを見せてくれました!
 復帰してから体が大きくなったように見えます。ウエイトやりまくったんでしょうか?その成果なのかスイングにもかなりの力強さが!ライトポール際へ弾丸ライナーのようなファールを打ったりと復帰した戸川からは大きなパワーアップを感じます!後半戦の戸川には大注目の気配です!




 

ライオンズ投手陣!

 この10試合中、大量失点した試合があった影響でチーム防御率は【4.86】とかなり高くなってしまいました。【失点:50】【自責点:47】と、2軍としてはかなり珍しい失点と自責点の差の少なさにも現れているように疲れが見え始めた投手陣が打ち込まれることが多かったです。メットライフドームよりも早めに夏の暑さを痛感できる第二球場、ここを乗り越えていくのもライオンズ投手陣としてかなり貴重な経験です!
 また、多和田とファイフが1軍ローテーション入りした影響で2軍の先発ローテーションが厳しくなったのも投手陣が疲れる要因の一つになっています。こればっかりは、良い先発は1軍へ昇格していくものなのである意味で嬉しいことなのですが・・・!

 

 強力な1軍リリーフ陣に加われるか!?豊田!

 ケガから復帰した豊田は3試合に登板して被安打1で無失点!ケガ前よりもさらに圧倒的なピッチングでアピールしています!とにかくまぁ凄い!映像で、そして生で見るとさらに豊田の凄さを思い知ることができます。
 豊田が6月末にケガをした直後に南川が1軍へ昇格、当時の成績から考えるにケガさえなければ豊田が昇格していたはずです。そして今、1軍リリーフ陣はメンバーが揃って盤石の状態。考えようによっては1軍リリーフ陣にアクシデントが発生した場合にはすぐに豊田が昇格できる状況にあるという心強さがありますが・・・!チャンスを掴んで欲しい投手です!

 

 先発でリラックス投法の田村伊知郎!

 首脳陣から「もう2軍には戻ってこない投手になれ」という期待を込められて先発で2試合を投げた田村期間中は12イニングで1失点!WHIPは【0.58】をマーク!リリーフをしていたときの緊張感溢れる投球はどこへやら、先発ではマウンドで笑顔を見せリラックスして投げることができています。田村と言えば被本塁打の多さですが、もちろん被本塁打は期間中ゼロ!マウンドでリラックスできるようになり、ホームランを打たれない田村はまさにNEW田村!
 今年のライオンズ2軍は「リリーフ投手が先発で活路を見出す!」というのが続いています。田村もその流れに乗ってロングリリーフでもいけるところをアピールできたようです。しかし前述の通り1軍のリリーフ陣が盤石です。豊田とは違った角度から再昇格を目指す田村に期待です!

 

 安定感は健在!本田圭佑!

 ケガから復帰して本格的に先発ローテーション入りした本田は、2試合に先発して防御率【1.80】!相変わらず奪三振率が高くて【9.90】、抜群の安定感でWHIPは【1.10】をマーク!ケガ明けも本田圭佑は本田圭佑で安心しました。今後は長いイニングを投げられるように徐々に調整していくと思われます!
 ストライクゾーンの際どいところをついていく投手なのでフォアボールが多いのが唯一の短所といえるかもしれません。シーズン通して2イニングに1つのペースでフォアボールを出しています。フォアボールが増えると球数も増えるので長いイニングを投げるのが難しくなった試合もよくあります。この課題をクリアしていって数年後には1軍ローテーションの軸として活躍して欲しい投手です!

 

まとめ

 山川が1軍で活躍しているのを見ると嬉しくなるように、2軍でがんばっている選手をずっと追いかけていくと1軍での楽しみは倍増です!
 というわけで、この夏は第二球場へ応援に行く方も多いでしょう!めちゃくちゃ暑いので水分補給だけは忘れないようにしてください!直射日光で干からびちゃうかもしれないので日傘なんかも有効です!男だから日傘持っていくのはなんか・・・という方は、第二球場の横の山にある木々がめちゃくちゃ成長して日陰をたくさん作ってくれることを願いましょう!

2軍データカテゴリの最新記事