【西武1軍】7月12日「ファイフが来日初勝利!金子侑司が3打点の活躍!山川はバックスクリーンへホームラン!」

【西武1軍】7月12日「ファイフが来日初勝利!金子侑司が3打点の活躍!山川はバックスクリーンへホームラン!」

7月11日に行われた公式戦『埼玉西武ライオンズVS千葉ロッテマリーンズ』の試合の様子を超ポジティブにお送りします!選手名は(敬称略)です。

Twitter(https://twitter.com/pojipojilions)をはじめました。
更新時間がだいぶ不規則ですので、Twitterで更新チェックしていただけるとラクかと思います。気軽にフォローしてください!

 

 今日のライオンズ!

 前半戦の最後を3連勝で終わりたいライオンズ!先発は来日初勝利を目指すファイフ!

 

 選手登録関連

↑【登録】なし
↓【抹消】多和田真三郎

◆抹消期間
 ・山田遥楓(7月13日以後)
 ・小石博孝(7月15日以後)
 ・菊池雄星(7月18日以後)
 ・ウルフ(7月20日以後)
 ・多和田真三郎(7月22日以後)

 

 試合結果


勝利投手:ファイフ
敗戦投手:関谷

 2回に炭谷、金子の連続タイムリーで先制!4回には金子侑司のソロホームランで追加点!!投げては先発のファイフが来日初勝利を目指して粘りのピッチング!1点差となった終盤には山川のホームラン、浅村のタイムリーで効果的に1点ずつを取って突き放して勝利!ファイフが来日初勝利!

 

 

 試合感想&注目選手!

先発はファイフ!
 前回の登板では動くストレートが低めに行き過ぎていたファイフ、今日は低めに投げてしまうようなシーンはほぼなし!打たせて取るピッチャーらしく、良い意味で高めに投げてリズムを作っていきました。前回の修正をできるのがファイフ!2軍戦では異様に早いテンポで投げていてボークも不安になりましたが、1軍昇格後はそこもしっかり対応できています!
 あと、新外国人選手がドギマギしてしまうヒーローインタビュー後の「ばんざーい!」も戸惑うこと無く3回できっちり。マジメな印象で、日本でがんばろうとしている感じを強く感じます!これから試合を重ねていくごとにどんどん良くなっていくような気がします。
 ファイフの奥さんのTwitterの更新を密かに楽しみにしています!

2番手は大石!
 コントロールがつかずに連続四死球を与えて犠牲フライで1失点。かなり心配になりましたが、こんな日でもその1失点に抑えられるのが大石!なんだかんだでわずか12球で終わらせると打たれた感も少ないです。
 後半戦はシビれる場面での登板が多くなるはずです。そこでもいつも通りに投げて抑えてもらいましょう!

7回は牧田!
 「それボールですか?」というフォアボールを与えてピンチを招くも、根本的には良い投球が出来ていたので無失点!下に行けば行くほど熱いメットライフドーム、最も低い場所でがんばる牧田、夏場を乗り切って欲しい!

8回はシュリッター!
 今日も高めに抜け気味のシュリッター、もしかして日本の湿気に対応できていない?説。それでも球威で押して無失点!アウトコースの低めに投げたストレートをボール判定されると腰に手をやりながら「ストライクじゃねーの?」と不満を表すような態度を取ったときは勝手にハラハラしましたが大丈夫でした(笑)

9回は増田!
 増田-炭谷のバッテリーは、そろそろ変化球がくるかな?というタイミングでもストレートを投げて意外なところで変化球を投げる配球。見事なセーブでした!
 例のホームランを打たれてからガラリと変わった配球がハマリ続けています。前半戦でのセーブ失敗は増田本来の実力以外のところでやられているイメージなので、この配球を武器にすれば後半戦はそう簡単には失敗しないと思います。

 

秋山はスリーベースヒット!
 8回、勝負を決める6点目のきっかけとなるスリーベースヒット!ちょこんと当てただけのようなバッティングなのに左中間フェンスまで到達しちゃう好調っぷり!オールスターでは程良くがんばっていただいて、後半戦も1番バッターとして出塁しまくってもらいましょう!!やっぱり秋山は1番です!

浅村は2安打!
 昨日はホームランが目立った浅村、今日は2安打!8回には犠牲フライでもOKなバッティングが結果的にはタイムリーヒット!勝負を決めました。浅村はオールスターでフルスイングの感覚をキープしつつ後半戦でもポイントゲッターとして奮闘してもらいたいです!

山川はバックスクリーンへのホームラン!
 あいかわらずバッティングは好調、山川らしい軽く飛び跳ねるような打ち方でバックスクリーンへのホームラン!ベンチに帰ってきてからも力強いガッツポーズで気合というか自信が違います。
 今日も貫禄のフォアボールくぉ選んでボールをよく見られていると思います。振りに行ってもしっかり見極めて、その振りに行った勢いを「これはスイングじゃないですよ~」というバットの動きで逃しているのが良いのかもしれません。ボールが自分の目の前を通過し終わった直後にその「スイングじゃないですよ~」をやるので、いつか空振りと判定されるんじゃないかと不安になります、勝手に(笑)

炭谷は今日もタイムリー!さらに送りバント!
 変化球をぐっと待ってからスイングしてタイムリーヒット!変化球を待てる炭谷、打ちますね!最終打席にはしっかり送りバントも決めて本来の役割もこなします!ただバッティングの調子が良いだけではなく、今年は基本的な部分からバッティングの良さが底上げされています。後半戦になっても打率は落ちることなく打ち続けてくれそうな気配です!
 炭谷の活躍に触発されたのは森友哉が自身のInstagramにバッティング練習の様子をアップしていました。打てるキャッチャーがいっぱいいます!

金子侑司は3打点の活躍!
 2回には難しい変化球を金子らしく打ってタイムリー!4回には金子らしいフルスイングでホームラン!前半戦のラストでらしさを見せてくれました!
 ケガが心配なところもありますが、後半戦も恐怖の9番バッターとしていろいろなバッティングで勝利につながる活躍をしてくれるでしょう!変なポーズはチームに少し浸透しているようですね(笑)

 

1軍試合詳細カテゴリの最新記事