【西武1軍】7月9日「メヒアは逆方向へのホームラン!守備だけじゃなく打撃も好調・源田が猛打賞!」

【西武1軍】7月9日「メヒアは逆方向へのホームラン!守備だけじゃなく打撃も好調・源田が猛打賞!」

7月9日に行われた公式戦『埼玉西武ライオンズVS楽天ゴールデンイーグルス』の試合の様子を超ポジティブにお送りします!選手名は(敬称略)です。

Twitter(https://twitter.com/pojipojilions)をはじめました。
更新時間がだいぶ不規則ですので、Twitterで更新チェックしていただけるとラクかと思います。気軽にフォローしてください!

 

 今日のライオンズ!

1勝1敗で迎えた3戦目!サンデーウルフは久しぶりの勝利なるか!?

 

 選手登録関連

↑【登録】なし
↓【抹消】なし

◆抹消期間
 ・多和田真三郎(7月9日以後)
 ・山田遥楓(7月13日以後)
 ・小石博孝(7月15日以後)
 ・菊池雄星(7月18日以後)

 

 試合結果


勝利投手:福山
敗戦投手:武隈

ライオンズは初回にメヒアの3ランホームランなどで4点を先制するも、先発のウルフがじわりじわりと失点し同点に追いつかれる。7回から登板した武隈が痛恨の失点をしてしまい敗戦。

 

 

 試合感想&注目選手!

先発はウルフ!
 序盤から三振と外野への飛球が多いという、悪い時のウルフを予兆させる投球内容。いつもだったら「甘いと思って打ってもゴロになっちゃうんだよね~」というボールが見事に弾き返されてしまいました。試合後に土肥コーチも言っていましたが疲れでしょうか、あまりにも簡単に打たれてしまっていた印象です。
 オールスターブレイクでリフレッシュしていただいて、後半戦からは元に戻っていただきましょう!あと、ファイフにもいろいろアドバイスしてあげて!

3番手は武隈!
 武隈も前半戦のラストスパートというところで疲れが出てしまったという印象です。単打を集められて1失点。珍しく途中交代させたのも、首脳陣から見てそれを感じ取ってのことかと思います。武隈の後を受けた平井は一球でピンチを脱出!今は大石と平井がいます、武隈さんにはリラックスして後半戦に向かって欲しいです!

8回は野田!
 平井が先頭バッターにデッドボールを当ててしまい、そこからの登板となりました。ヒットは打たれたものの無失点!最後はウィーラーを”ライトゴロ”に仕留めました!セカンドの動きをライトで見せた外崎のプレーも素晴らしかったですが、外崎を思い切って前へ突っ込ませたのは「野田の球威ならば後ろはない!」と思わせた野田の信頼感もあると思います!
 武隈さんが疲れたら野田という選択肢も十分にあるはずです!

 

 「チャンスを潰した」という表現は好きではありません。相手だってピンチになったらフルパワー出してくるんですから、それが勝負の世界なんですから。がんばってピンチを防いだのに「良かったね、相手がチャンスを潰してくれて」って言われたら「俺のがんばりがあったからですけど!」って言いたくなるもん!相手へのリスペクトを持ってこその”ぽじぽじらいおんず”です(一気に3つの記事を書いた疲れがここにきて出ている(笑))。

源田は猛打賞!
 守備の動きが異次元モードの源田、打撃でも好調の三安打猛打賞!引っ張ってヒットになるときは本人の中でもバッティング好調で自信があるときだと思います。このままの勢いで前半戦の残りも突っ走ってもらいましょう!

浅村は1安打!
 ヒットを1本打ったり、良い打球をレフトフライを打ったりしているのもそうですが選球眼がかなり良くなっているように思います。ファーストストライクを確実に打ちに行くのはそうですが、ボールの見極め方がかなり良いです!得点ゲッターもやりつつ、出塁の方も多くなってくるんじゃないかな?という雰囲気を感じます!

栗山は先制のタイムリー!
 初回に良い流れを作ったのが栗山のタイムリーでした!しかし本人の中では5回にゲッツーを打ってしまったことが悔しかったはずです、低めのボールに手が出てしまっていました。調子が良いと自分の中でゾーンが広くなっちゃう例のアレだと思うことにして、次回に期待です!
 今日はレフトの守備にもついています。山川をスタメン出場させるためには栗山が守備につくのは重要です!

メヒアは3ランホームラン!
 逆方向へのホームランが出ているメヒアは時は好調の証!しかし、その裏の守備でエラーをしてしまうとその後の打席は3三振・・・。ご機嫌モードが終了していないことを願います!でも、地元に帰ってきたら息子の顔を見て再びご機嫌モードってこともあり!?

 

1軍試合詳細カテゴリの最新記事