【西武1軍】6月18日「今週ずっとがんばった武隈が今日も好投!浅村&中村はタイムリー!」

【西武1軍】6月18日「今週ずっとがんばった武隈が今日も好投!浅村&中村はタイムリー!」

6月18日に行われた公式戦『埼玉西武ライオンズVS中日ドラゴンズ』の試合の様子を超ポジティブにお送りします!選手名は(敬称略)です。

Twitter(https://twitter.com/pojipojilions)をはじめました。
更新時間がだいぶ不規則ですので、Twitterで更新チェックしていただけるとラクかと思います。気軽にフォローしてください!

 

 今日のライオンズ!

交流戦の優勝を逃してしまったライオンズ。
それでも ”勝ち越したリーグ” のチームは順位に応じた賞金がもらえます!
というわけで、今日はパリーグがほどよく勝ってその賞金をいただきましょう・・・!

▼勝率1位=1000万円
▼勝率2位=500万円
▼勝率3位=400万円
▼勝率4位=300万円
▼勝率5位=200万円
▼勝率6位=100万円

 

 選手登録関連

↑【登録】なし
↓【抹消】佐野泰雄

◆抹消期間
 ・田村伊知郎(6月17日以後)
 ・田代将太郎(6月18日以後)
 ・野上亮磨(6月24日以後)
 ・岡本洋介(6月25日以後)

 

 試合結果


勝利投手:柳
敗戦投手:牧田

ライオンズは初回から浅村のタイムリーで先制するも、その裏に2点を取られて逆転されてしまう。
1-3とリードされて迎えた6回、中村のタイムリーで反撃を開始すると相手のワイルドピッチで同点に追いつく!
しかし7回に牧田が失点、ライオンズ打線もそれ以降は反撃できず惜敗。

 




 

 試合感想&注目選手!

先発はウルフ!
序盤は昨日の嫌なムードを引きずったままの立ち上がりで失点、カーブが引っかかってしまいました。
しかし、中盤からはいつも通りのゴロで打ち取るピッチングを取り戻す!
この「いつも通り」がライオンズのチーム全体を落ち着かせてくれました。そこで同点まで持っていけています。
5回で95球とトータルで見ると苦しい投球が続きましたが、さすがのサンデーウルフ!という印象です!
ウルフのこの投球をファイフ投手が引き継いでくれると最高なのですが・・・!

2番手は武隈!
私個人として昨日、武隈さんお疲れ様会をしたのですがウルフの球数が多くなってしまったので今日も登板!
あっさり13球で三者凡退でございました。今週はまさに武隈ウィーク!
武隈さんを存分に堪能できました(๑´ڡ`๑)

3番手は牧田!
この6連戦の投手起用状況の関係で、予定通りに同点でも勝利の方程式が登場です。
今日は調子の悪いときの牧田、ボールが真ん中に行ってしまう日でした。
そこでタイムリーを打たれて1失点。
先発をやっていたときはこの状態だと大量失点につながっていましたが、今の牧田は1失点で抑えられます!
そして15球で終わらせているのが今年の良いところ!
このポジションで負けがつかないというのも異常なので、やっと人間界に戻ってきてくれましたね(笑)

 

源田は1安打1四球!
8回にフォアボールで出塁すると、岩瀬を相手にどうにか走りたい状況に。
そこで岩瀬の百戦錬磨の技がでて、誘い出されて記録は盗塁死。
オープン戦ではどんな投手でもこのように誘い出されていたのですが、シーズンに入ったら誘い出されず盗塁王争い!
走塁に関しては一気にレベルアップしましたが、岩瀬相手にはまだ足りなかったということでしょう。
ここで岩瀬相手に「走ってやる」という意思を持てたことが重要です!
新聞記事にも書いてありましたが、辻監督はこの積極性を大事にしろ、と本人に言ってあげたそうです。
いつかリベンジ盗塁決めたいですね!!

浅村は先制のタイムリーツーベース!
初回にセンターオーバーのツーベースヒットを打って打点を上げました!
8回の打席ではレフトフライになったものの、巻き付くようなスイングで良い打球を飛ばしました。
ここ最近は良いあたりも野手の真正面をつくという、体のバイオリズムがそういう時期だったと思います。
スイングの感じも良いので、体のリズムみたいなものがちょっと変われば野手の間を抜けていくヒットを量産してくれそうな気がします!

栗山は1安打!
ヒットを打ったという結果も良いのですが、6回のセカンドゴロが良かったのです
2塁ランナーに中村を置いて、足を小刻みに動かしてタイミングを取り明らかに引っ張りモード。
そして見事にアウトコースの変化球を引っ張ってセカンドゴロで進塁打!
これが相手バッテリーのワイルドピッチでの1点に繋がりました。

中村はタイムリーから走塁でホームイン!
6回にタイムリーツーベースを打って、ワイルドピッチもありホームに帰ってきました!
実質2打点ということにしておきましょう。
タイムリーの場面はやや軽打っぽいスインで左中間方向へ打球を飛ばしました。
徐々に打点量産モードのスイングを取り戻しているような気がします、ここ数試合を見ていくと!

 

というわけで、ライオンズの交流戦は10勝7負1分で3位!
ソフトバンクが1位で、2位が広島ということで、ライオンズは賞金500万円を獲得!(のはず)。
1試合ごとを見ていくとまだミスなどがありますが成長中のライオンズです!
トータルでしっかり勝ち越せたのが良かったです!
(でも、パリーグ上位陣も勝ち越してる・・・)

 

1軍試合詳細カテゴリの最新記事