3月1日:西武VSロッテ「打って守れるキャッチャー・森」

3月1日:西武VSロッテ「打って守れるキャッチャー・森」

「球春みやざきベースボールゲームズ」の西武VSロッテの試合を、完全なる西武ファン目線で超ポジティブにお送りしていきます!

選手名は(敬称略)です。




 
西武ライオンズ:スタメン

 
 1(中)田代
 2(左)金子侑
 3(二)浅村
 4(三)山川
 5(捕)森
 6(右)木村文
 7(指)栗山
 8(三)永江
 9(遊)源田

 投手:多和田




 

1回表(攻撃)

中村:初球を打ってサードゴロ。永江の安定した送球。
高濱:落ちる変化球も冴えを見せ、最終的にはセンターフライ。
角中:角中に対しては全て大きく曲がる変化球(スライダー?)で、ライトフライ。

多和田はまだ実戦登板が少ないため、今日の登板は対戦する感覚を戻すことに重点を置いている模様。

 
1回裏(守備)

ロッテの先発投手は二木

田代:レフト線に大きな打球を打つも、ファールグラウンドで角中がナイスキャッチをしてアウト。
金子侑:インコースを引っ張り込んでライトフライ。
浅村:初球打ちでショートゴロ。

 
2回表【M 0-0 L】

パラデス:大きなセンターフライ。
鈴木:最後は低めに鋭く落ちる変化球で空振り三振。
ダフィー:右中間へのツーベースヒット。ライトの木村が追いついて処理するもセーフ。ダフィー足速いの!?
加藤:ファーストゴロ。山川と多和田の守備連携もOK!

 
2回裏【M 0-0 L】

山川:バッドが折れてレフトフライ。折れなければホームランのようなスイング!
:森らしい、低めの弾道でライトスタンドまで持っていくホームラン!【0-1】

木村:追い込まれてから低めの変化球に対してしっかりバットが止まる!しかし、真ん中へのストレートにもバッドが止まってしまい見逃し三振。
栗山:初球を打ってセンターフライ。

 
3回表【M 0-1 L】

田村:打者をのけぞらせるスライダーで見逃し三振。今年も多和田のスライダーはキレ抜群!
岡田このあたりから雨が強くなってくる・・・。スライダーが抜けてフォアボール
中村:ランナーの岡田を警戒して牽制球を2回。最終的にはピッチャーゴロからの1-4-3のダブルプレー!

 
3回裏【M 0-1 L】

永江:アウトコース高めを叩くように打って大きなセンターフライ。今年の永江はパンチ力があるように思えます。
源田:フルカウントまでいくも、最後は低めをあわせるように打ってレフトフライ。
田代:ちょこんと合わせるような打ち方でレフト前にポテンヒット
金子侑:田代が盗塁を試みるも完璧な送球がきてアウト、盗塁死。

 
4回表【M 0-1 L】

ピッチャー:多和田→田村伊知郎

多和田は予定通り3イニングで降板。今年の多和田も安定感抜群の予感!

高濱:田村のストレートに詰まってショートゴロ。セカンドベース付近まで回り込んだ源田の安定した守備!
角中:詰まらせてセカンドゴロ。
パラデス:低めのストレートを弾き返されて右中間へのツーベースヒット
鈴木:ふらふらと伸びる打球がレフトオーバーのスリーベースヒット中継に入った源田の送球がサードへ滑り込んだ鈴木に当たり、鈴木がホームに生還【2-1】
ダフィー:サードゴロ・・・のはずが、永江がボールをジャックルしてエラー
加藤:一二塁間を破るライト前ヒット
田村:森がピッチャーの田村に声をかけにいく。サードゴロでスリーアウトチェンジ。

田村はストレートの勢いがあるように見えるのですが、バットに当たると思ったよりも飛ばされてしまいます。
まだ雰囲気に慣れておらずドタバタしている感じが伝わってきます。

 
4回裏【M 2-1 L】

金子侑:変化球をうまくとらえてレフト前ヒット
浅村:かなり広いリードを取る金子に対して牽制球の嵐。浅村も金子の盗塁をアシストしようとするが、それで自分のバッティングがうまくできないパターンで最後は空振り三振。
山川金子が盗塁成功。山川も最終的にはフォアボール
:森もフォアボール
木村:満塁となって注目の木村!肩付近へのデッドボールで押し出し【2-2】
栗山:栗山らしいセカンドの頭の上をキレイに越える2点タイムリーヒット【2-4】

永江:変化球を打ち上げてレフトフライも、三塁ランナーがタッチアップで1点追加【2-5】
源田:セカンドフライ。

金子の足で相手投手を乱したイニングでした!
打線の上位に金子、下位に栗山はほぼ決まりっぽい!?

 
5回表【M 2-5 L】

岡田:田村のストレートが完全に抜けてバックネット直撃という場面も!最終的にはレフトフライも、かなり伸びていたようで金子がギリギリでのランニングキャッチ。
中村:低めの変化球で空振り三振。キャッチャーの森がボールをこぼすも、落ち着いて送球。
高濱:ぼてぼてのセカンドゴロ。

2イニング目の田村は落ち着いた投球で三者凡退!メンタル面で成長すれば戦力になってくれる投手の予感!




 
5回裏【M 2-5 L】

田代:インハイのボールを叩くようにしてセンター前ヒット。これでマルチ!
金子侑:金子三振、田代が盗塁を試みるもアウトで三振ゲッツー。送球完璧だったがギリギリのアウトは可能性あり!
浅村:高めのストレートをやや強引に打ってキャッチャーファールフライ。

 
6回表【M 2-5 L】

ピッチャー:田村→福倉
福倉は2軍コーチ陣からの推薦で1軍に昇格してきたとのこと。かなり状態がいいらしい!

伊志嶺:あっさり追い込んでからセカンドフライ。
井上:ライトへうまく流し打ちをされるも、ライトの木村が素早く落下点に入ってライトフライ(ライナーのような打球)。
大嶺:大きく曲がるカーブが浮き、そこを叩かれてレフト前ヒット
三木:合わせるだけのようなバッティングでライトフライ。

評判通り、あっさりと抑えてくれたイメージの福倉。安定した投球が続けば開幕1軍もありそう!!

 
6回裏【M 2-5 L】

ピッチャー:二木→土肥(どひ)

山川:サウスポールーキーの土肥に対してフルスイング連発!最終的にはフォアボール
:外いっぱいのストレートに手が出ずに三球三振。
木村:左中間に良い打球を飛ばすもレフトフライ。これはポジティブなレフトフライ!
栗山:見事なレフト前ヒット!これでマルチヒット。
永江:土肥はコントロールがつかず最終的にはフォアボール
源田:フォアボールの後の初球は狙い目!ということで初球打ちをするもショートゴロ。

土肥(どひ)は腕をたたんで投げるので、スローボールでおなじみの星野さんっぽい。

 
7回表【M 2-5 L】

ピッチャー:福倉→平井
キャッチャー:森→岡田
前回大荒れだった平井。今日で汚名返上なるか!?

加藤:一塁線への強い打球に山川追いつけずツーベースヒット
田村:平井は右バッターのインコースを強気で攻め、最終的にはアウトコースを引っ掛けさせてサードゴロ。
柴田:左バッターのアウトコースを攻め続けて、最後は変化球で空振り三振。
平沢:平井が投げる時の「ウッシッ!」という声が放送にのってくるようになる(笑)。最後はアウトコースの変化球をひっかけさせてセカンドゴロ!

平井は笑顔でスリーアウトチェンジを迎える。落ち着いてからの投球は素晴らしい!

 
7回裏【M 2-5 L】

ピッチャー:土肥→

田代:内の勢いのあるアウトコースへのストレートに空振り三振。
金子侑:インコースのストレートをバットを折りながらレフト前ヒット。これでマルチヒット。
水口:バントヒットの構えを見せて揺さぶる、オフシーズンに6キロ増量した水口。ショートへ力のない打球を飛ばすが、金子がスタートを切っていたためショートががら空き!記録はレフト前ヒット金子も一気に三塁に到達
山川:大きなセンターフライで三塁ランナーの金子がホームイン!さらに一塁ランナーの水口もタッチアップで二塁を陥れる【2-6】
岡田センター前ヒット水口は一気にホームを狙うもバックホームが完璧でアウト。スリーアウトチェンジ。




 
8回表【M 2-6 L】

ピッチャー:平井→野田

高濱:左バッターに対して強気に攻めてピッチャーゴロ。
伊志嶺:変化球をひっかけさせてサードゴロ。
井上:右中間へ打球を飛ばされるも、ライトの木村がうまく回り込んで記録はシングルヒット
大嶺:うまく流してライト前ヒット。ランナー12塁
三木初球に野田がボーク(セットの静止ができていなかった?)でランナー23塁。最終的には変化球で空振り三振!

右バッターに打たれてしまった野田。首脳陣はどう評価するか!?

 
8回裏【M 2-6 L】

ピッチャー:内→

木村:大きな変化球を待ちきれずに空振り三振。
上本:低めのボールを打つもファーストゴロ。
永江:変化球に合わせるようなバッティングでピッチャーゴロ。

 
9回表【M 2-6 L】

ピッチャー:野田→大石

加藤:高めのストレートを打たせてサードゴロ。永江の軽快なプレー!
吉田:ストレートを打ち上げてキャッチャーフライ。大石らしいストレートは今年も健在!
柴田:ストレートでセンターフライ。

大石、完璧な投球で三者凡退!

 

【M 2-6 L】試合終了!ライオンズ勝利




 

投手感想

多和田は安定したピッチングで今年もやってくれそうです!
平井、田村はまたチャンスをもらえる登板だったと思います。
面白い存在になりそうなのが福倉でしょうか。動かすストレートと大きなカーブで、強引に1イニング抑えてくれる存在になりそうな気がします。
大石はもはや信用のある投球内容!

打者感想

森がキャッチャーとして先発しました。投手の談話を聞くに、全ての配球は森が出していたようです。
そのような捕手としての負担も大きい中、バッティングでは見事にホームラン!
今年の打てる捕手はいけそうな気がするー!!

田代、金子が好調でともにランナーとしてピッチャーに大きな揺さぶりをかけていました。
そうなると金子の打順をどうするのか?が難しいところだと思います。
2番でもいいですが、そうなると盗塁待ちの関係で3番の浅村に制限がかかってしまいます。
初球打ちの浅村にそういうことさせちゃうのはもったいないような・・・。
やはり、あえて9番においてケガせず走りまくってもらうのが私は良いと個人的に思ったりもします。

 
 

1軍試合詳細カテゴリの最新記事