【西武1軍】5月31日「金子侑司が足で魅せた2安打1盗塁!秋山は意地の10号ホームラン!」

【西武1軍】5月31日「金子侑司が足で魅せた2安打1盗塁!秋山は意地の10号ホームラン!」

5月31日に行われた公式戦『埼玉西武ライオンズVS広島カープ』の試合の様子を超ポジティブにお送りします!選手名は(敬称略)です。

Twitter(https://twitter.com/pojipojilions)をはじめました。
更新時間がだいぶ不規則ですので、Twitterで更新チェックしていただけるとラクかと思います。気軽にフォローしてください!

 

 今日のライオンズ!

カード勝ち越しを狙うためには負けられない一戦!
そのマウンドを託されたのは愛されるキャラクターのガルセス!
今日勝てばガルセスという先発のピースが新たに加わることになる・・・!

 

 選手登録関連

↑【登録】なし
↓【抹消】なし

◆抹消期間
 ・ウルフ(6月1日以後)
 ・藤原良平(6月7日以後)
 ・誠(6月8日以後)
 ・永江恭平(6月9日以後)

 

 試合結果


勝利投手:大瀬良
敗戦投手:ガルセス

ライオンズは3回に金子侑司の内野安打と盗塁をきっかけに、源田のショートへの内野安打で1点を先制!
しかし4回にガルセスが2ランホームランを浴びて逆転されてしまうと、5回にガルセスのピンチを引き継いだ田村・小石が打たれてしまい6失点。
9回に秋山が意地の2ランホームランを打つも反撃はそこまで、敗戦。

 




 

 試合感想&注目選手!

先発はガルセス!
これまでのリリーフ登板で1軍マウンドへの「慣れ」は大丈夫、今日の先発でも立ち上がりから緊張感を感じさせないピッチングでした!
惜しかったのは左バッターのアウトコースへ投げるスライダーが振ってもらえず、判定もボールになってしまったところでしょうか。
降板直前、丸を相手にアウトコースに完璧なスライダーを投げましたがボール判定・・・。
2軍ですとあそこを振ってくれてフライ、もしくは見逃しで三振を奪っていたシーンでした。
可能性を感じる投球ゆえにもうちょっと出来たんじゃないかな!と強く思います。
5回のノーアウトランナー3塁の場面で菊池を三振に取った時はまさに「ガルガル感」出まくっていました!!
次もチャンス与えてくれたら、いいなぁ~。

2番手は田村!
勝負を左右するような場面での登板は初めてのような気がします。
いつにも増してポーカーフェイスになっている顔からは緊張感がギトギトと感じられました。
元から持っている力で追い込むところまではいきましたが、決め球で苦労してしまいました・・・。
乗り越えなければいけない試練です!

4番手は南川(ただすけ)!
南川スライダー!でジャストミートさせないのは1軍でも通用したものの、さすがにあそこまでスライダーを連投してはホームランを打たれてしまいます・・・。
被弾後はストレートとスライダーで有利に投球を組み立てていたので、今日は経験ということで1軍でも南川はやれそうな気がします!
源田と南川でスケスケコンビ・・・、郭が復帰すれば助さん格さん・・・。

5番手は平井!
今日の「2軍でがんばって昇格までたどり着いた投手リレー」の締めは平井!
2イニングを被安打1で無失点!
点差もあり、1軍マウンドにも慣れてきたのか安定感のある雰囲気を見せました。
先発でチャンスこないかなー、と一層楽しみになりました!

 

金子侑司は2安打1盗塁!
内野安打が2つ、盗塁も1つ決めて金子らしい足を見せてくれました!
これで9番→1番への繋がりという新たな脅威が打線に加わりました。
下位打線の役割もちょっと変わってくると思うので、なにか今までとは違う攻撃が見られるかもしれません。
どう采配するのか、楽しみです!

秋山翔吾は3安打猛打賞!
9回の重苦しい雰囲気の中で打ったホームランには意地を感じました。
苦戦するチームに対して喝ではなく、「がんばろうぜ!」という優しさすら感じるホームラン。
秋山が打ってくれていると「大丈夫!」という気分になります。それぐらいの存在!
今日の3安打で打率も浅村を抜いてチームトップ!
しばらくは1番バッターに引っ張っていってもらいましょう!

 

首脳陣が先発投手をどうしようかが悩んでいる感が伝わってくる試合が多くなってきました。
それは、2軍の先発ローテーションが再編中であることからもわかります。
耐える時期がきているかもしれませんが、この山を越えたときには盤石の先発投手陣が待っています・・・!
RPGで飛行船手に入れるまでの辛抱みたいなものです!

 

 ぽじぽじな話題!

森友哉が自身のインスタグラムにて「両手を使ってバッティング練習をする様子」を動画でアップしていました!
筋力を戻すのに時間がかかっていて、まだキャッチボールなどでは左手に違和感があるとのこと。
ですが、金子侑司に続いて待ち望まれる若獅子が復帰へ順調のようです!

 

1軍試合詳細カテゴリの最新記事