2月26日:西武VS楽天「外野手争い加熱!」

2月26日:西武VS楽天「外野手争い加熱!」

2月26日。
高知県春野で行われた「対楽天戦(練習試合)」の試合についての個人的感想戦です!




 
投手陣

 
先発は野上投手。安定した投球で2回を抑えました。
今後は長いイニングを投げられるように調整していくと思われます。
そんな野上投手の投球に関して辻監督は・・・

今日は森のサインで投げたようだけど野上は順調だね。
森もキャッチャーとしてはまだまだでしょうけど、いろいろ経験して成長しないといけないからな。

とコメントしています。

 
2番手は十亀投手が1イニング。
サイドスローぎみのフォームからのナチュラルシュートストレートで左打者のインコースを突いていました!
ですが変化球の精度がまだ低く、そこで粘られて打たれるという悪いときの十亀投手の展開で失点。
変化球の調整が気になるオープン戦となります。

 
4番手で登板したのはガルセス投手。先発として期待されるサウスポーです。
ランナーがいない場面でもクイックで投げるなど、打者との工夫した駆け引きが見られました。
ストレートが抜けている場面も多いですが、これは調整していくとコントロール良くなってくれればよいのですが・・・。

 
ラストはキャンデラリオ投手
キャンプ中に見せた低めへの制球が定まらず、高めに浮いて痛打されていました。
ナゾな投手なので今後どのように調整していくのか、伸びしろ具合が気になるところ!
あと、謎のルーティーンはオススメです(笑)




 
打者

 
バッティングで好調さを見せたのが木村文紀選手
去年の秋キャンプから辻監督の指導の元「ボールを前で打つ」ことを目指してフォーム改造をしてきたとのこと。
たしかに木村選手はストレートに差し込まれるイメージが多いので、前で打てばストレートに打ち負けません!
そうなると変化球への対応が難しくなってくるのですが、ここをうまく乗り越えられるかが勝負の分かれ目ですね。
先頭打者ホームランを放ちましたし、今年はバッティングで魅せてくれそうです!

 

 
守備・走塁

 
守備では源田選手が、三遊間を抜けそうな深い打球に追いつき、そこからの強肩でバッターランナーをアウトにしました!
永江選手が辻監督の指導の元、守備改善に取り組むの理解できてきました。
源田選手より守備で優位に立つには永江選手はもう一つステップアップしなければいけないです。

 
山川選手はバックホームの中継プレーで悪送球。
バックホームするかしないか?の判断に迷ったのかボールを握り直しての暴投でした。
技術的なものというより、実践感覚不足によるエラーと思いました。
ココらへんはオープン戦で経験を積んでいただきましょう!

 
走塁はオープン戦ならではの「とりあえず暴走でもいいから突っ込んでどれぐらいでアウトになるのかを試そう」モードだったので走塁死がいくつかありました。
気にする走塁死ではないのでスルーでいいでしょう!




 

おまけ!

 
野田投手がInstagramにアップしていたガルセス投手、登板前の様子です。
これがルーティーンらしいですが、縄跳びですよね?(笑)

shogo noda / 野田昇吾さん(@shogonoda)がシェアした投稿

 

 

1軍試合詳細カテゴリの最新記事