【コラム】「2軍での奪三振率11.2!期待の先発左腕・佐野泰雄の2軍成績まとめ」

【コラム】「2軍での奪三振率11.2!期待の先発左腕・佐野泰雄の2軍成績まとめ」

5月13日の先発は佐野泰雄!
そこで、2軍での佐野泰雄の成績などをまとめてみました。

まずは佐野が登板したときの当時の記事のコメントから・・・!

 

 4月13日(ロングリリーフ)

【3回、47球、被安打1、奪三振5、四死球1、無失点】
3イニングのロングリリーフ!
鎌ヶ谷(日ハムファームのホーム球場)のカメラは真後ろからなのでコースの投げ分けがよく見えるのですが、佐野は左打者のアウトコースにビシビシとコントロール良く投げ込んでいました。
徐々に首脳陣への信頼感を得ていきたいところ。

 

 4月20日(先発)

【2回2/3、83球、被安打8、被本塁打2、奪三振0、四死球4、自責点9】
2回には2連続フォアボールから味方のエラーで2失点、ですが比較的ストライク先行のピッチングでした。
しかし3回に早めのカウントから打たれるようになり、1四球を挟んで6連打されています。
スコアを見ると3回に突如として、一人の打者に対する球数が減っているので狙い玉を絞られたのでしょうか?
そこが気になります。

 

 4月30日(先発)

【7回、98球、被安打5、被本塁打2、奪三振12、四死球0、失点3】
初回から三振ショーで7回を12奪三振!
12奪三振をとりながらも投球数は97球ですので、効率的に追い込んでスパっと三振を取っています。
見逃し三振が2つあるので調子は良さそうです!
かなり良いピッチングをしているのですがホームランを2本打たれてしまっているのが気になります。
ストレートのキレが良すぎてバットに当たったらホームランになっちゃったパターンと思っておきましょう!!

 

 5月7日(5回無失点)

【5回、78球、被安打4、奪三振5、四死球1、無失点】
ランナーを出しても三振ゲッツーや、打たせてゲッツーで切り抜ける素晴らしいピッチング!
「佐野には三振がある」ということを相手もわかっているのか、かなり早めからスイングをかけてきていました。
しかしそこを佐野がコースに投げ分けるピッチングでうまくかわしていた印象です!
2軍のローテーションは基本的に100球をメドに交代するのですが、今日の佐野は78球での降板となっています。
ローテーションの再編成、1軍昇格などありそうな雰囲気です!

 

 2軍での成績まとめ

というわけで、2軍での成績を数字で見てみます。
【防御率:6.11】【奪三振率:11.21】【WHIP1.36】【四死球率:3.05】

で、2軍の投手陣を考える上で大事な「浦和での炎上3連戦の成績は考慮してはいけない」ですのでその成績を抜くと・・・
【防御率:1.80】【奪三振率:13.20】【WHIP:0.80】【四死球率:1.20】

浦和での試合を抜くと「ランナーも出さず三振をバッタバッタと取っていくピッチャー!」ということがわかります。

私の試合ごとの記事を振り返ってみると「アウトコースのストレート」が今年は良いことが特徴です。
三振の中でも見逃し三振が多いのは、そのコースに投げるアウトコースが素晴らしいからこそです!
球の質などはどうかわかりませんが、コントロールがかなり良いことは確かです!
このコントロールが緊張などで乱れなければ、かなり良いピッチングをしてくれるはずです!

 

コラムカテゴリの最新記事