【週刊!?西武2軍成績】(第4回)「山田遥楓が打撃好調!先発では本田圭佑、リリーフでは田村と南川に期待!」

【週刊!?西武2軍成績】(第4回)「山田遥楓が打撃好調!先発では本田圭佑、リリーフでは田村と南川に期待!」

西武ライオンズの2軍成績を定期的に紹介していくコーナーです。
アイキャッチの画像の浅村のように、2軍から羽ばたいていく選手を見つけていきましょう!

ちなみに前回の記事はコチラ・・・
前回は故障していた選手たちが復帰ラッシュとなっていました。

 

今回は投手編もお送りします!

打者は【8試合分】、投手は【13試合分】のデータです。




 

ライオンズ打線!

ここ8試合分のチーム打率は【.265】でした。
これは前回【0.245】よりも高く、打線は全体的に活発な印象です。
チームの生還率も【36%】と高く、出塁したランナーをしっかりホームへ返す攻撃ができていました!

 

 圧倒的に絶好調だったのは山田遥楓!

ここ8試合での打率は【.429】と、ここにきて一気に打撃好調です!
それまでのシーズン打率が【0.209】だったので最近の好調ぶりが特に目立ちます。
内野手の頭を越えていくようなヒットが多く、パワプロ風に言うとアベレージヒッターの特殊能力がついたような弾道でヒットを打っています。
なにかバッティングのコツをつかんだのでしょうか?このバッティングが継続してできれば今年の山田は面白い存在になります!
守備もサード・ショート・セカンドを守りつつ、レフトも守るというユーティリティっぷりを見せています。

 

 復活の坂田も好調!

ここ8試合中で5試合に出場している坂田は打率【.462】を記録!
まだ足は万全ではないのでDHで休みながらの出場ですがしっかりヒットが出ています。
ホームランは出ていませんが、徐々に打席で感覚を戻していけばそろそろホームランがでそうな気がします!

 

 1軍昇格の水口!

1軍に昇格した水口、ここ最近では打率【.320】をマークして打撃が好調でした!
ホームランも打ちましたし1軍昇格するのも納得ですね!
安定して結果を出せば必ず1軍へ昇格できるという実績を作った水口の効果で他の選手もモチベーションアップではないでしょうか?

 

 クラッチヒッター鬼崎!

前回の更新では4割を打って打撃好調だった鬼崎は、今回の更新でも【0.316】と好調キープ!
出場した7試合で6打点と、あいかわらずのクラッチヒッターっぷりも健在です!
デッドボールを食らう場面もありましたが、その影響もなくヒットも出ているのでこれからの鬼崎にも期待です!




ライオンズ投手陣!

ここ13試合分のデータでは、防御率【5.23】とかなり打ち込まれてしまいました。
ロッテとの三連戦でことごとく打ち込まれた結果の防御率といったところでしょうか。
2軍の先発ローテーションは最近になってメンバーが固まってきましたので、これからは防御率も改善されていくと思います!
 

 ガルセス&キャンデラリオ!

ガルセスとキャンデラリオに関しては別記事にてアップしております。

 

 2軍のローテーションの柱・本田圭佑!

本田圭佑は3試合に登板し防御率【2.57】と安定!
1イニングにどれだけランナーを出すのかを表すWHIPは【1.43】と高いですが、ピンチになってもそこからギアを上げて踏ん張る投球を見せてくれています!
多和田が1軍ローテーションから外れましたが、急遽の事態でしたので登板間隔が合わなかった本田圭佑は昇格ならずでした。
5月の3週目には1軍が6連戦になるので、もしかしたらそこで昇格するのでは?と私個人としては予想しています。
現在の本田圭佑は土曜日に先発をしているので、次回の登板が金曜日へと繰り上がってきたら可能性があると思います!

 

 フォームを変えて好調の田村!

この13試合中に足を上げたときにタメを作るフォームに変えてきた田村。
その成果でしょうか、4試合で失点はホームランにより1点のみ!
WHIPも【0.75】でフォアボールはゼロ!かなり期待できる投球が続いています。
これから1軍と2軍で選手の入れ替えが行われていくとリリーフで誰か一人を上げることになる場合もあると思いますが、そのときの第一候補は田村ではないでしょうか?
田村のストレートが1軍でも通用するかどうか、早く見てみたいです!

 

 4試合で失点ゼロの南川!

4試合に登板した南川は見事なピッチングで失点ゼロ!
三振を取らずに打ち取るイメージの南川ですので【奪三振率:4.76】、フォアボールを出さない投球をアピールしていけば1軍の可能性も十分にあります。
田村とはタイプ的に似ているので2人が切磋琢磨してくとライオンズのリリーフ陣はさらに分厚くなります!

 

 先発で勝負の佐野!

前回先発した試合では12奪三振を奪う快投を見せた佐野は、ロッテ戦で炎上したため防御率は【8.53】と高くなってしまっています。
これから防御率をじわじわと下げていくことが首脳陣へのアピールになります。
1軍の先発左腕は菊池雄星だけなので、佐野が安定したピッチングを見せてくれると1軍昇格チャンスもすぐくるはずです!
奪三振率は【12.08】と高いのも魅力!

 

まとめ

投手ではキャンデラリオとガルセスが1軍へ昇格予定です。
十亀も良い投球で1軍ローテーションに生き残ったので、2人の外国人投手にも期待です!
ワクワク枠として本田圭佑、佐野の2人も控えているので2軍を追いかけているこのブログとしては楽しみが続きます!

野手では内野手のバッティングが好調です!1軍から山川がきましたので、内野手の打撃はしばらく脅威となりそうです。
次回の更新では外野の選手もバッティング好調になってくれることを期待です!

 

◆野手オリジナルデータ表

◆投手オリジナルデータ表

 

2軍データカテゴリの最新記事