【西武1軍】4月28日「菊池雄星が踏ん張って負けないピッチング!リリーフ陣は今日も無失点で引き分けに!」

【西武1軍】4月28日「菊池雄星が踏ん張って負けないピッチング!リリーフ陣は今日も無失点で引き分けに!」

4月28日に行われた公式戦『埼玉西武ライオンズVS千葉ロッテマリーンズ』の試合の様子を超ポジティブにお送りします!選手名は(敬称略)です。

Twitter(https://twitter.com/pojipojilions)をはじめました。
更新時間がだいぶ不規則ですので、Twitterで更新チェックしていただけるとラクかと思います。気軽にフォローしてください!

 

 今日のライオンズ!

これからゴールデンウィーク突入!ということでライオンズもビジター三連敗の流れを払拭したい試合!
菊池雄星と涌井秀章の投げ合いにも期待!

 

 試合結果

.js”>


 

 試合感想&注目選手!

先発は菊池雄星!
序盤からストレートが冴え渡り、ストレートだけで押して行けるんじゃないのか?というピッチング。
今年の菊池雄星は本気ストレートのときには投げ終わった足を高く上げるのですが、今日はその本気ストレートをほとんど使わずともストレートにキレがありました。
それだけにエラーがらみでの失点がもったいない!期待を込めての「菊池雄星ならばタイムリーは防げたはず!」
今日は主審が「左右のゾーンが狭い」状況だったので(見逃し三振だと思ってベンチへ帰ろうとするもボール判定のシーンもあり)、それでもしっかり勝負できていたのはコントロールを乱しがちになる菊池雄星にとっては好材料です!
調子自体は良いままなので、次も負けない、勝つピッチングに期待するのは必然です!

8回からはシュリッター!
「ブルペンで準備していたのに大量得点差になったから登板中止」と言われちゃうと激昂するというシュリッター(笑)
そういう強気なメンタルがいいのか、ストレートで平凡なフライアウトを打たせるのがうまいです。
ちょっとシュート気味に変化するシュリッターのストレートですが、左右にゾーンが狭い主審でも気にせず投げ込めていたので、シュリッターにとっては高低差だけが重要なのかもしれません。

9回は増田!
昨日のサヨナラ負けもまったく気にせず、ケロっとあっさりわずか6球で三者凡退!
これが守護神のメンタルです!

10回と11回は牧田!
疲れも見せず2イニングをあっさり抑えてくれます。
勝利の方程式の7回を信頼できる牧田にすることで、今日のような延長での2イニングをまかせることができます。
次の日に先発がしっかり投げてくれれば勝利の方程式を8回から発動するパターンにすることができるのです。

12回は大石!
ヒットを1本打たれたものの、しっかり抑えてライオンズの負け無しを確定!
大石は12回からという難しいタイミングでの登板でしたが、7回以降は勝利の方程式がくる、という決まりごとがあるので本人の心の準備もできていたと思います。

 

源田は打撃好調で猛打賞!
6打数3安打で猛打賞で、すっかり守備の人というイメージがなくなって打撃の人でもプロに通用です!
ライオンズらしく「走り打ちをしないようなバッティング」に直してからは、社会人時代に9番を打っていたとは思えない打撃をしています!
それだけに守備でのミスがもったいないです(ゲッツー狙いの場面で浅村からの送球が取れなかったシーン)。
ある意味で、源田が次へステップアップしていく時期なのかな?とも思います。

渡辺直人は2安打に、職人芸のフォアボール!
指名打者の渡辺直人は2安打もそうですが、8回に見せた意地のフォアボールがさすがです!
粘って、最後もスイングしかけてしっかりバットが止まりました。
ライオンズの若手打者が「辻監督から言葉での指導」「渡辺直人からプレーでの指導」を受けていけば、かなりいやらしい打線が出来上がるはずです!

守備では秋山と木村文!
外野では秋山と木村文が好守連発!
生で見たら絶対に記憶に残るプレー!




 

1軍試合詳細カテゴリの最新記事